フィリピンに進出する日系企業、小売・サービス業も増

phscenetownフィリピンに進出している日系企業はたくさんあります。

業種もさまざまであり、今まではサービス系のアウトソーシング、コールセンターなどいったバックヤード系だったり、製品の生産拠点として工場を構えるケースが多かったのですが、最近ではまた新しい試みが始められてきています。

日本を対象にする業界だけではなく、フィリピン国内を市場として捉えた上で、現地において収益を上げる企業が増えてきているのです。

もちろんフィリピンに駐在していたり、現地採用として働いている日本人やそのご家族などを対象と考えることもありますが、それだけではなくフィリピン現地の方々にも日本のサービスなどを提供しているのです。

今まではこうした試みがあまりなされていませんでしたので、画期的なことです。

最近の特徴として代表的なものを挙げてみますと、たとえばユニクロやファミリーマート、そして飲食関係でしたら居酒屋の和民、焼き肉の牛角など、日本でも馴染みの深いお店がフィリピンでも展開を始めているのです。

フィリピン人にもこういったお店がとても人気になっていますから、これから先もどんどん日系のお店が現地に進出してくることが予想されます。

そうなれば、フィリピンで仕事をして生活をしている日本人にとっても便利により住みやすい環境になっていくのではないでしょうか。

食生活なども、気軽に日本と同じものが現地で食べられるのは非常に嬉しいことです。

参考:フィリピン求人ナビ : 日本人の就業・勤務を応援する情報サイト

フィリピン進出を果たしている日本企業一覧からピックアップ

pharena今は世界が市場といっても過言ではなく、日本だけではなく世界規模で商売を展開させている企業が多くあります。

そしてそういった伝手をたどって、世界で働こうとしている人も多くいて、特に最近はフィリピンが注目されています。

理由としては何よりも物価が安いこと、市街地なら意外と安全であること、さらに日本人に対して比較的友好的であることがあげられます。

さらには日本企業の現地採用というのは給料が高くなることが多く、技術力を持っているのなら狙い目になっています。

それではどういった企業がフィリピンに進出をしているのか、調べてみると意外なものから納得できるものまで分かるはずです。

特にフィリピンを市場としているのは飲食業や小売業で、「ファミリーマート」「UNIQLO」「牛角」「和民」などがあります。

これらは日本国内でも知らない人がいない企業であり、需要の高さがありますので、場所をかえたとしても基本的には受け入れられやすい傾向にあります。

ただしポイントが少し違っていて、UNIQLOは日本では安くて質が良いと思われていますが、フィリピンでは高いブランド云うイメージで展開されています。

また大手の他にも、2012年ごろからはじまったフィリピンでのラーメンブームに合わせて、日本の個人店が出店するなどの動きを見せています。探してみると日系企業が出しているラーメン店はかなり多く、今後はさらにその傾向が拡大すると考えられています。

フィリピンで日本人の仕事力が必要とされる日系企業の業界とは

phflag東南アジア圏の国々は、フィリピンをはじめとして経済が緩やかに上昇しつつあると言えるでしょう。

他の国々が輸出に力を入れている中、フィリピンはあまり世界経済の影響を受けていない特徴があり、日系企業が小売やサービスなどの職種に力を入れて現地で展開するビジネスが近年飛躍的に伸びてきているのです。

今まででしたら、フィリピンを生産拠点としての工場や物流、そしてITのシステム系など、まざまな産業のバックヤードとしての仕事が主流だったのですが、最近では日本人が求められる業界にも変化が出てきているのです。

現地採用という働き方であったとしても、フィリピン人の従業員と同じような待遇というわけではなく、日本人だからこそ期待される仕事がありますから、日系企業でも地場企業であっても専門の資格や知識、スキルを持つ方、今まで経験を積んできた方などが優遇されています。

日本人だからこそという業界でまず挙げられるのが日本人のお客様を相手にするコールセンター、日本食レストランの料理人、日本語学校の教師などがあります。

また、日本語が出来るから誰でもOKというわけではなく、ビジネスレベルの英語が出来たり、タガログ語が出来たり、責任者や管理職としての現場の統率力、そして職業でのスキルに加えて、必要なコミュニケーション能力なども持っていることで求職活動をするにあたって有利に働いてくることになるでしょう。

11 長期的にフィリピンで生活したいなら → 長期でフィリピン生活・移住をする場合の仕事の選び方

日系企業がフィリピン進出する理由、そこで必要な人材

phtownworkたくさんの日系企業がすでにフィリピンに進出しており、その数は100にも及ぶと言われています。

タイなど、その他のアジアの国に比べたら少ないのかも知れませんが、特に急速に企業の進出が増えてきていて、これから先もまた新しい企業の進出が予想されています。

それでは、一体どうして日系企業がフィリピンに進出しているのでしょうか。

これには、まずはフィリピンの物価が日本に比べるとかなり安いことが挙げられます。人的リソースが必要な仕事を出来る限り低コストで実現することがフィリピンでは可能なのです。

ただ、単純にコストがかからないというだけではなく、高いクオリティの仕事も出来ることもメリットの一つでしょう。

高いクオリティを実現・維持していくためには、すべての業務をフィリピン人に任せるのではなく、日本人が現地でコーチングする必要があります。

こういった役割でフィリピンでの日本人の求人需要が高まってきているのです。

そのため、特定の分野である程度経験を重ね、即戦力として活躍できる方であったり、周囲の方をコーチング出来たり、リーダーとして引っ張っていくことが出来るような人材が求められていると言えるのです。

また、現地の方々とスムーズにコミュニケーションをとる必要がありますから、ビジネスレベルの英語力だったり、現地のフィリピン語が堪能である必要も出てくるでしょう。

これらも、駐在員か現地採用かによって求められる語学スキルのレベルもいろいろと異なってきます。

日本食も進出する、フィリピンの食事情は日本人に合う

現在、急速な発展を遂げようとしているフィリピンは、街も人も活気に満ちています。

高度成長期の日本のように、全ての国民が希望を抱き、夢を持って歩んでいる姿が目立ちます。

このように、魅力にあふれているフィリピンへは、世界各国から観光客やビジネス目的の人が集まっています。

特に、日本から近い距離にある国であるため、日本人も頻繁に見かけるようになってきました。

そこで、今現在フィリピンに興味を持っている人が、特に気になる点について紹介していきます。フィリピンへの滞在やビジネスを考えている人が、最も気にしているのが食事です。

食事は、生活のベースとなる部分であり、それが体に合わないと、体調不良の原因になったり、メンタルにも影響を及ぼす可能性も出てきます。

フィリピンは、日本と同じアジア圏に属しているため、主食は日本同様にお米です。

日本の米よりも、粘り気が少なくあっさりとしていますが、日本人の口にも合う味になっています。

また、フィリピンは日本食ブームの真っただ中であり、日本食レストランも多数進出しています。

特に、餃子やラーメン、寿司といった料理は、現地の人にも愛され、日本にいるのと同じ味を楽しむことができる環境も揃っています。

また、都市部は発展が著しいため、日本でもよく見かけるファーストフード店などもあります。ですから、日本にいるのと大きな差がない食事を楽しみながら、生活していくことが可能な環境が揃っています。

価格は割高?!フィリピンで購入できる日本の商品

フィリピンの首都であるマニラ、そして観光リゾート地のセブなどといった大都市には、中型・大型のショッピングモールがたくさんありますし、セブン-イレブンなどのコンビニエンスストアもあちこちにありますから、普段の生活で必要になるものを買うのには特に何の不便もないかと思います。

ただ、日本の商品を購入しようと思ったときには、輸入品になりますし円安の影響もあるので、かなり割高に感じるかも知れません。
特に、パソコンやデジタルカメラなどといった電化製品に関しましては日本で購入した方が安い場合が多いので、フィリピンに渡航する前に日本で買って持ってきた方が良いかと思います。

また、日本の食材に関しては、日本スーパーで購入することが出来ます。

マニラでは、マカティというエリアのリトル東京にあるチョットストップというお店がありますし、セブにはセブシティの中に町屋マートというお店があります。

その他にもいくつかのスーパーがありますが、あまり品揃えには期待出来ません。

価格も日本で購入する際の1.5倍から2倍程度と、非常に割高になっていますから、無理をして買う必要はないと考えている方も多いかと思います。

日本米やインスタントラーメン、カップラーメン、醤油などの調味料といったものは、ごく普通のスーパーでも売っていたりするので、わざわざ日本スーパーに行かなくても手に入ります。

こうしたスタンダードな食材は、日本好きなフィリピン人が購入することも多いからです。

マニラを走っている鉄道、日本人にも利便性が良いのか?

フィリピンの首都であるマニラには、LRT(高架鉄道)、そしてMRT(首都圏鉄道)といった鉄道が走っています。

網羅しているエリアは決して広いとは言えませんが、人々の足として利用されています。

日本とは異なり運賃も非常に安く、10ペソからとなっていますし、さらに交通渋滞につかまることなく移動出来るということで、フィリピン人には欠かせない交通手段の一つだと言えます。

ただし、困ったことに交通渋滞はなくても、利用者があまりにも多すぎるために駅で切符を買うのには長蛇の列に並ばなくてはならなかったり、駅構内、電車の中ともに相当な混雑になっていますから、それに耐える必要はあるでしょう。

こうした混雑の中では頻繁にスリや置き引きが起こっていますから、軽犯罪にも充分に注意をして利用する必要があると言えます。

それでも、自動車を使えば主要道路は朝夕の通勤時間帯はほとんど動かなくなってしまい、割と近い距離であっても相当な時間がかかってしまうこともありますから、マニラの鉄道は目的地(周辺)に早めに着くという点では有力な交通手段であると言えるのです。

この鉄道はセブにはありませんので、セブではタクシーやジプニー(乗合バス)が主だった交通手段になっております。

鉄道に関しては、これから先のフィリピンの情勢によってはさらに発展が必要になってくるでしょうから、今のところはマニラでは鉄道を使う方法もあるということを頭に入れておく程度で大丈夫かと思います。

フィリピン共和国諸元と言語、日本人が住むマニラ、ケソン

フィリピンは東南アジアに位置する島国であり、正式にはフィリピン共和国と言います。

中世の時代からヨーロッパの国々の植民地とされていて、第二次世界大戦頃までその歴史が続きました。

現在は、大統領のいる共和国として成り立っており、大小合わせて7107もの島々から形成されています。

フィリピンの特徴の一つとして、首都がマニラであるのに対して最大の都市がケソンという、首都と最大の都市が違うことも挙げられます。

日本人がフィリピンでの就職や転職をするとなれば、これらの大きな都市部を中心として、その他職種によってはセブ島などの観光地になる場合もあるでしょう。

フィリピンで日本人が働きやすい理由の一つとしては、フィリピンは非常に英語教育が発達しているために、英語を話すことが出来る現地の方が多いことも挙げられるでしょう。

ただ、主要民族はタガログ族であり、言語はタガログ語(フィリピン語)が用いられます。

特殊な文字を使うのではなく、タガログ語もアルファベットで表記されますから、意味がわからなかったとしても発音としては、そのまま何となくでも読むことが出来ます。

英語が出来る日本人であれば、フィリピンにおいて仕事をしたり、日常生活には特に支障はないケースがほとんどですから、アメリカやヨーロッパなどではなく近いアジアの国でも英語で暮らしていくことが出来るということで就職先として選ぶ方も増えているのです。

日本とフィリピンの歴史と国・民間における現在の関わり

日本はフィリピンに対して援助供与をおこなっており、フィリピンの経済を考えたときにいちばん頼りになるのが日本であると言えます。

過去、太平洋戦争時にはお互いが戦争状態にあり、きちんと国際的に解消されたのは1956年ですから、まだ暗い戦争の歴史というのはそんなに古い話ではないと言っても良いでしょう。

しかし、現在ではフィリピン政府と日本政府、そして民間にいたるまで友好的な関係を築いているといえますから、日本人がフィリピンでの就職や転職を考えるにあたっても、特に何らかの障害があるわけではありませんので安心してください。

フィリピンにとっては日本国は、輸出、輸入共に最大の貿易相手になっており、経済を支える上で欠かすことが出来ない主要国という位置づけになっているため、これから先も良好なつながりを持つことが出来るはずです。

逆に日本にとってのフィリピンは、まだビジネスにおいてはこれから開拓の余地がある国だと言えるでしょう。

タイやインドネシア、シンガポールなどその他のアジアの国に比べても発展途上段階にありますが、徐々にインフラも整いつつあります。

フィリピンは英語が通じる利点を活かして、日本も英語教育に力を注ぎつつありますからフィリピン留学をする日本人も多いです。

この先はさらに日本企業が進出していったり、それに伴って現地で働く日本人が増えていくことが予想されるでしょう。

フィリピンでの就職や転職求人情報もますます増えるのではないでしょうか。

フィリピンで製造・技術の求人、どんな業界・職種で可能か

■よく見られる製造業、エンジニアの求人とは

いくつもの日系企業がフィリピンに工場を持ち、東南アジアにおける製造拠点としています。

また、フィリピンもしくは周辺国の企業を買収して、工場管理を行っているケースもありますので、製造業、技術関連の求人は多岐にわたります。

中でも、自動車やバイク関連の企業や電機関連の企業は比較的規模の大きい工場を持っていますので、求人の数も安定して出てきます。

さらに、ITインフラが国内で急速に発展していますので、その分野に従事する技術者の募集もかかっています。しっかりとした技術があれば、いろいろな仕事の選択肢がありますので、一度求人をチェックしてみると良いでしょう。

■この仕事で必要とされる事
製造・技術系の求人で求められるものは、なんといっても経験と実際の技術でしょう。

対応する分野における勤務経験がどのくらいあるか、どの部署で働いていたかというのが最もチェックされる項目ですので、積極的に自分の経歴をアピールするようにしましょう。

資格自体はフィリピンで有効なものとはなりませんが、専門的な技術や知識を持っていることの証明となりますので、持っている資格について説明するのも忘れないようにしましょう。

さらに、製造業では、工場のライン管理や品質管理の仕事もあります。

実際に工場管理の経験があることを募集要件としていることがほとんどですので、自分のスキルと経歴にマッチするかを確かめてみましょう。

■この仕事で得られる将来の報酬等の一般論
工場のラインの一部となって働く場合は、現地スタッフとあまり変わらない給料体系となります。そのため、少々厳しい生活環境となってしまいます。

一方、手に職があって専門的な技術職として採用されるのであれば、高い評価を受けることになり、日本円にして15万円から20万円くらいの給与を期待できるでしょう。

これが、管理系のポジションで働くとなると、これからさらに2割から3割増しくらいの給料となります。そして、住居の割当など生活面でも良い待遇を受けられる可能性もあります。

theme by teslathemes