Single post

価格は割高?!フィリピンで購入できる日本の商品

フィリピンの首都であるマニラ、そして観光リゾート地のセブなどといった大都市には、中型・大型のショッピングモールがたくさんありますし、セブン-イレブンなどのコンビニエンスストアもあちこちにありますから、普段の生活で必要になるものを買うのには特に何の不便もないかと思います。

ただ、日本の商品を購入しようと思ったときには、輸入品になりますし円安の影響もあるので、かなり割高に感じるかも知れません。
特に、パソコンやデジタルカメラなどといった電化製品に関しましては日本で購入した方が安い場合が多いので、フィリピンに渡航する前に日本で買って持ってきた方が良いかと思います。

また、日本の食材に関しては、日本スーパーで購入することが出来ます。

マニラでは、マカティというエリアのリトル東京にあるチョットストップというお店がありますし、セブにはセブシティの中に町屋マートというお店があります。

その他にもいくつかのスーパーがありますが、あまり品揃えには期待出来ません。

価格も日本で購入する際の1.5倍から2倍程度と、非常に割高になっていますから、無理をして買う必要はないと考えている方も多いかと思います。

日本米やインスタントラーメン、カップラーメン、醤油などの調味料といったものは、ごく普通のスーパーでも売っていたりするので、わざわざ日本スーパーに行かなくても手に入ります。

こうしたスタンダードな食材は、日本好きなフィリピン人が購入することも多いからです。

theme by teslathemes