Single post

日本とフィリピンの歴史と国・民間における現在の関わり

日本はフィリピンに対して援助供与をおこなっており、フィリピンの経済を考えたときにいちばん頼りになるのが日本であると言えます。

過去、太平洋戦争時にはお互いが戦争状態にあり、きちんと国際的に解消されたのは1956年ですから、まだ暗い戦争の歴史というのはそんなに古い話ではないと言っても良いでしょう。

しかし、現在ではフィリピン政府と日本政府、そして民間にいたるまで友好的な関係を築いているといえますから、日本人がフィリピンでの就職や転職を考えるにあたっても、特に何らかの障害があるわけではありませんので安心してください。

フィリピンにとっては日本国は、輸出、輸入共に最大の貿易相手になっており、経済を支える上で欠かすことが出来ない主要国という位置づけになっているため、これから先も良好なつながりを持つことが出来るはずです。

逆に日本にとってのフィリピンは、まだビジネスにおいてはこれから開拓の余地がある国だと言えるでしょう。

タイやインドネシア、シンガポールなどその他のアジアの国に比べても発展途上段階にありますが、徐々にインフラも整いつつあります。

フィリピンは英語が通じる利点を活かして、日本も英語教育に力を注ぎつつありますからフィリピン留学をする日本人も多いです。

この先はさらに日本企業が進出していったり、それに伴って現地で働く日本人が増えていくことが予想されるでしょう。

フィリピンでの就職や転職求人情報もますます増えるのではないでしょうか。

theme by teslathemes