Single post

日系企業がフィリピン進出する理由、そこで必要な人材

phtownworkたくさんの日系企業がすでにフィリピンに進出しており、その数は100にも及ぶと言われています。

タイなど、その他のアジアの国に比べたら少ないのかも知れませんが、特に急速に企業の進出が増えてきていて、これから先もまた新しい企業の進出が予想されています。

それでは、一体どうして日系企業がフィリピンに進出しているのでしょうか。

これには、まずはフィリピンの物価が日本に比べるとかなり安いことが挙げられます。人的リソースが必要な仕事を出来る限り低コストで実現することがフィリピンでは可能なのです。

ただ、単純にコストがかからないというだけではなく、高いクオリティの仕事も出来ることもメリットの一つでしょう。

高いクオリティを実現・維持していくためには、すべての業務をフィリピン人に任せるのではなく、日本人が現地でコーチングする必要があります。

こういった役割でフィリピンでの日本人の求人需要が高まってきているのです。

そのため、特定の分野である程度経験を重ね、即戦力として活躍できる方であったり、周囲の方をコーチング出来たり、リーダーとして引っ張っていくことが出来るような人材が求められていると言えるのです。

また、現地の方々とスムーズにコミュニケーションをとる必要がありますから、ビジネスレベルの英語力だったり、現地のフィリピン語が堪能である必要も出てくるでしょう。

これらも、駐在員か現地採用かによって求められる語学スキルのレベルもいろいろと異なってきます。

theme by teslathemes